信頼性評価試験、環境試験

梱包物・包装材の輸送環境試験

電子機器、食品、ガラス製品等の梱包物は、陸送、航空輸送時の落下衝撃や振動、保管環境、積載状態によって破損等の不具合が発生する危険性があります。また、梱包材(ダンボール)から発生した硫黄系ガスが梱包された製品の品質に悪影響を及ぼす場合があるため、梱包材の硫黄系アウトガス分析により製品への影響の有無を確認することが重要です。
OKIエンジニアリングでは、各種環境試験、化学分析技術で、梱包・輸送に関わる試験・分析サービスをワンストップで提供します。

梱包落下試験、振動・衝撃試験

梱包落下試験

輸送時に誤った取扱いによる梱包物の落下を再現することを意図した試験です。角やエッジ部からの落下衝撃も正確に再現性のある試験を実施します。

対応規格
IEC/JIS C 60068-2-31、JIS Z 0200、JIS Z 0202、ASTM D-755、ISO 2248
梱包落下試験の様子(10秒)

振動・衝撃試験

輸送時および荷物の取り扱い中に振動・衝撃が与えられた場合の、 機器または製品への影響を調べる試験です。

対応規格
IEC/JIS C 60068-2-6、IEC/JIS C 60068-2-27、JIS Z 0200、MIL-STD-202、MIL-STD-810、MIL-STD-883、JEITA ED-4701/400A
振動・衝撃試験の様子(15秒)

梱包物・包装材の減圧試験

梱包物の破損、緩衝材の膨張、破裂を確認する試験です。

対応規格
ASTM D6653、ISO2873
包装材の減圧試験の様子(4倍速、38秒)

梱包物の積み付け・長期保管試験

梱包物の積み付け・長期保管試験の様子

電気機器等の重量物や、食品等の潰れやすい製品、ガラス製品等の割れやすい製品の梱包物を積み付けした際の外装の潰れ、へこみや梱包物の破損の有無を試験します。製品を長期保管することを想定した試験は、大型の恒温恒湿室で実施します。

梱包材のアウトガス分析

梱包材(ダンボール)から発生した硫黄系ガスが、梱包された製品の品質に悪影響を及ぼす場合があります。梱包材の硫黄系アウトガス分析により、梱包された製品への影響の有無を確認します。


  • ガスクロマトグラフ炎光光度検出器GC/FPD

  • ダンボール材の発生ガスクロマトグラム事例
梱包物・包装材の輸送環境試験のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:03-5920-2354

Pickup Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ