現在位置:Home > サービス一覧 > 信頼性評価試験、環境試験 > 環境試験 > 連続衝撃試験(バンプ試験)


信頼性評価試験、環境試験

連続衝撃試験(バンプ試験)

ハイブリッド車等の急速な普及に伴い、自動車に搭載されている車載用電子部品の更なる信頼性が要求されています。OKIエンジニアリングでは、連続衝撃試験(バンプ試験)を車載用部品に限らず、電子部品、精密機器の耐衝撃性を判定する目的として連続的な繰り返しの衝撃、また間隔(作用時間)の長い衝撃負荷が各機器に与える影響を効果的にシミュレートして試験します。この試験は、供試品の機械的弱点、特定の性能の劣化を評価すること、衝撃によって引き起こされた損傷、劣化の蓄積を明らかにすることを目的とします。


  • 連続衝撃試験(バンプ試験)イメージ動画
  • 連続衝撃試験(バンプ試験)例
    連続衝撃試験(バンプ試験)イメージ

対応規格

  • JIS C 60068-2-27 2011 (IEC-60068-2-27 2008)
  • JIS C 60068-2-29 1995 (IEC-68-2-29 1987)[廃止規格]
  • JASO D 014-01;2006箇条5

対象品の重さ・大きさによる試験の可否について、お問い合わせください。

振動試験の種類

  • 振動衝撃試験

輸送・保管中および荷扱い中、または使用中に比較的頻度が少なく、かつ繰返しがない衝撃が与えられた場合の、 部品、機器または他の製品への影響を調べる試験

  • 連続衝撃試験(バンプ試験)

輸送・保管中および荷扱い中、または使用中に繰返しの多い衝撃が与えられた場合の、 部品、機器または、他の製品への影響を調べる試験

振動衝撃試験波形の種類

  • 正弦半波パルス(Half sine):正弦波の半サイクル
  • 台形パルス:立ち上がり時間および下降時間の短い対称台形
  • 三角パルス:立ち上がり時間と下降時間の同じ対称三角形
  • のこぎりパルス:下降時間の短い非対称三角形

振動衝撃試験波形の種類
振動衝撃試験波形の種類

ページの先頭へ

連続衝撃試験(バンプ試験)例

衝撃は製品規格に従って、直交する3軸の各軸の正、負の両方向のそれぞれにパルスのピーク加速度と作用時間、衝撃回数を加えます。 衝撃回数は、下記の図1. 衝撃回数から選択可です。

  • ピーク加速度と作用時間
    ピーク加速度と作用時間

  • 図1. 衝撃回数

連続衝撃試験 JIS C 60068-2-27

ピーク加速度m/s2 作業時間ms 規定の1方向あたりのバンプ回数 部品の場合の模擬試験内容 機器の場合の模擬試験内容
100 16 1000 壊れやすい製品の道路輸送(不整地を除く) 一般の強度試験および不整地走行でない車両の安定した場所に取り付けるかまたはしっかり留めて輸送する場合
150 6 4000 輸送中に機械的荷重がかかる製品に対する最小の強度試験 動力装置の近くで安置または重車両機器に取り付ける製品
250 6 1000 - 不整地走行用車両に丈夫に取り付けらせている製品または輸送製品。機械的な取扱いを行う機器、たとえばドッククレーン、フォークリフト、トラックなどに取り付ける製品
400 6 1000 可搬形でない機器に使用することを目的とする製品の輸送 配送のような臨時の輸送で、車両(道路または軌道)に固定しないで運搬する製品
400 6 4000 可搬型機器用製品の輸送 軌道、道路または不整地走行用の各種車両に固定しないで繰り返し運搬する可搬型製品
1000 2 4000 電話機、スイッチ盤のランプおよびバネ接点 -

連続衝撃試験 JASO D 014-01

ピーク加速度
m/s2
作業時間
ms
規定の1方向あたりのバンプ回数 試験方向 試験例
30 11 9000 上下 電装部品、点火装置、始動装置、バッテリ、スイッチ電装部品
50 11 1000 上下

ページの先頭へ

設備一覧

振動試験機および衝撃試験機設備一覧
設備名 型名 製造者 主な仕様 サイト
振動試験機 i220/SA1M IMV

加振力:8KN(正弦波)

5.6kN(ランダム波)

最大加速度:1250m/s2

最大変位:51mmp-p

周波数範囲:5~3000Hz

氷川台
振動試験機 F-1000-AM-E47 EMIC

加振力:1000kg-G

最大加速度:71G

最大変位:25.4mmp-p

周波数範囲:5~500Hz

本庄
振動試験機 F-300BM/AE-90 EMIC

加振力:300kg-G

最大加速度:75G

最大変位:20mmp-p

周波数範囲:5~3000Hz

本庄
振動試験機 CV-1000-6 IMV

加振力:1000kg-G

最大加速度:66G(垂直時)

最大変位:50mmp-p

周波数範囲:5~2000Hz(水平テーブル使用時:1400Hz)

西東京
振動試験機 G-0215 振研

加振力:1500kg-G(ランダム:1050kg-Grms)

周波数範囲:5~2000Hz(水平テーブル使用時:1000 Hz)

最大加速度:107G(垂直時)

最大変位:25mmp-p

西東京
衝撃試験機 SM-110-MP AVEX(旧AVCO)

衝撃波形:正弦半波

衝撃加速度:10~300G

衝撃持続時間:2~20ms

最大速度:1016cm/s

繰返し周期:最大8回/min

最大搭載重量:90kg

西東京
衝撃試験機 SM-105-MP AVEX(旧AVCO)

衝撃波形:正弦半波

衝撃加速度:50~1500G

衝撃作用時間:0.5~11ms

最大速度:838cm/s

繰返し周期:最大8回/min

最大搭載重量:22kg

西東京
複合環境振動試験機 PVL-3GA IMV

温度:-30~+150℃

湿度:30~98%RH

最大加速度:100G

周波数範囲:5~4000Hz※サイクル試験可

本庄
衝撃試験機 SM-110 AVEX(旧AVCO)

最大搭載重量:90.7kg

最大速度:400in/s

氷川台、
本庄
落下衝撃試験機 PDT-56E LANSMONT製

最大搭載重量: 56㎏

落下高範囲:30~183㎝

西東京
落球・落下衝撃試験装置 型名なし 日本電気

最大搭載重量:冶具含めて3kg以内(ひもによる吊り下げ可)

落下高さ:最大180cm

落下面:SUS303又はコンクリート

落球試験の場合の鋼球の質量:1.04~225g

西東京
梱包落下試験機 DT-100 吉田精機

最大搭載重量:100kg

最大落下高さ:1200mm

本庄
モバイル落下試験機 DT-202 吉田精機

供試品最大質量:2kg

落下高さ範囲:50~220cm

氷川台

この他にもOKIエンジニアリングの環境試験の設備にて、さまざまな各種環境試験に対応しています。

ページの先頭へ

見積り依頼方法

お見積りのご依頼は、下記の見積り依頼書をダウンロードし、品名情報、試験条件詳細をご記入の上、にお送りください。

  • Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
連続衝撃試験(バンプ試験)のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:03-5920-2354

ページの先頭へ