現在位置:Home > サービス一覧 > 信頼性評価試験、環境試験 > 環境試験 > 塵埃試験, 耐塵試験


信頼性評価試験、環境試験

塵埃試験, 耐塵試験

塵埃試験, 耐塵試験

自動車部品・電子部品から各種ユニットなど、塵埃に対する耐塵性能を評価します。
JIS D 0207(※1,JIS C J60068-2-68※2,JIS C 0920※3の各規格に基づき、IP試験・浮遊試験・気流試験が実施可能です。 
試験ダストはJIS Z 8901で定められた各種ダストの8種(関東ローム)または、6種(ポルトランドセメント)をご用意し、短納期にて試験実施いたします。他のダストもご相談により対応可能です。

  • ※1 自動車部品の塵埃試験通則で規定されています。
  • ※2 環境試験方法-電気・電子-砂塵試験で規定されています。(方法La2のみ対応)
  • ※3 電気機械器具の防水試験および固形物の侵入に対する保護等級で規定されています。
塵埃試験 , 耐塵試験
試験名 試験装置 ダスト 方式 規格
塵埃試験 DT-1-CF 1種~15種 浮遊試験(1種~15種)
気流試験(8種)
JIS D 0207
耐塵試験
(IP試験)
SH 4種
(タルク)
気流試験(4種) JIS C J60068-2-68
JIS C 0920

IP試験とは電気機械器具の外郭に対する水や固体の保護等級の評価を行うもので, 当社では、JISC0920(IEC60529)に規定する電気機械器具の塵埃・水の侵入に対する保護等級(IPコード)試験に対応しています。

試験方法

  • 気流試験:塵埃を強制的に吹きつけます。気流試験については、8種(関東ローム)のみの対応となります。
    (方法:ダストを送風機からのエアーに乗せて強制的に試料に吹きつけます)
  • 浮遊試験:塵埃を自然に降り積もらせます。
    (方法:ダストを内装の床面に置いて、エアーを吹き付けて、拡散させダストを降り積もらせます)

  • 塵埃試験機外観

  • JISZ8901 ダスト8種による塵埃試験

  • 耐塵試験機外観

  • 耐塵試験機 槽内
     

設備一覧

設備名 型名 製造者 主な仕様
塵埃試験機 DT-1-CF スガ試験機 適用試験:
JIS D 0207 浮遊試験および気流試験
試験槽内寸法:
幅120cm×奥行120cm×高さ120cm
試験槽口寸法:幅60cm×高さ90cm
試料台:30φcm
ケーブル孔:6φcm
風速:5または10m/s
プログラム運転可能
耐塵試験機 SH 板橋理化工業

適用試験:
JIS C J60068-2-68 , JIS C 0920
試験槽内寸法:
幅100cm×奥行100cm×高さ100cm
試験槽口寸法:幅100cm×高さ100cm
試料台:59㎝×89cm
ケーブル孔:10φcm
風速:~10m/s
プログラム運転可能

見積り依頼方法

お見積りのご依頼は、下記の見積り依頼書をダウンロードし、品名情報、試験条件詳細をご記入の上、にお送りください。

  • Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
塵埃試験, 耐塵試験のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:0495-22-8140

ページの先頭へ