現在位置:Home > サービス一覧 > 信頼性評価試験、環境試験 > 環境試験 > IP試験(電気機械器具の外郭による保護等級試験)


IP試験

IP試験(電気機械器具の外郭による保護等級試験)

IP試験(電気機械器具の外郭による保護等級試験)

IP(International Protection)とは、電気機械器具の外郭への異物、ホコリや水に対する保護等級です。試験評価は保護等級により標準化された試験方法によって実施します。IPコードは、JIS C 0920(IEC 60529)に規定された保護等級をコード化してあらわすシステムで、IPに続く2つの数字が保護等級を表します。第一特性数字は、外来固形物に対する保護等級,第二特性数字は水の浸入に対する保護等級を表します。非適用の場合は、アルファベットの“X”に置き換えて表します。IPコードはスイッチ、コネクタ等の小型部品から電気機械器具等について適用されます。 EU向け輸出製品に関するCEマーキングでもIEC60529に基づいたIPコードが要求事項に含まれることがございます。なお、当社では、車載IP試験にも対応しています。

試験規格対応:IEC 60529,JIS C 0920,ISO 20653,JIS D 5020,DIN 40 050(旧)

IPコード表記組み合わせ(第一特性数字と第二特性数字)

IPコード表示例(IEC 60529,JIS C 0920)
IPコード表記組み合わせで、第一特性数字は、外来固形物に対する保護等級を表し、第二特性数字は水の侵入に対する保護等級を表します。

ISO 20653(JIS D 5020)では、自動車に関する特別な規定がある場合に数字の後ろに“K”(補完符号)が表示されます。

IP試験(IPX1)事例

IPX1試験実施例
携帯電話、ノートPC、タブレット、デジタルカメラ、時計、離床センサ、ガラス+樹脂の成型品、足圧センサ、電気温風機

  • 携帯電話のIPX1試験動画
  • IPX1試験例
    IPX1試験例

IP試験(IPX4)事例

耐水性を確認します。

IPX4試験例
IPX4試験例

IP試験(IP5X)事例

耐塵性を確認します。

IP5X試験例
IP5X試験例

IPX4試験実施例
携帯電話、ノートPC、タブレット、デジタルカメラ、時計、離床センサ、ガラス+樹脂の成型品、足圧センサ、電気温風機
IP5X試験実施例
車載カメラ、デジタル指示調節計、屋外用LED投光器、狩猟用発信器、リモコン、送信機、ECU、ソレノイド、産業用インクジェットプリンタ、 モータ、電源ボックス、光学センサーユニット、制御盤、屋外気象センサー

IP試験(IPX5)事例

携帯電話、デジタルカメラ、時計、屋外設置製品などの様々な電子機器の耐水性を確認します。

IPX5試験例
IPX5試験例

IP試験(IPX7)事例

デジタルカメラ、時計などの防水機能を確認するための様々な電子機器の耐水性を確認します。

IPX7試験例
IPX7試験例

IPX5試験実施例
DCモーター、LED投光器、産業用インクジェットプリンタ、電源ボックス、放射線検出器、高天井専用電源ユニット、防水ヘッドホン、LED
IPX7試験実施例
面状発熱シート、加速度計、無線機用ケース、浴室用TV

IP5X、IP6X(IEC 60529、JIS C 0920)の粉塵試験方法概要

耐塵試験機に1m³あたり2kgのダストを投入し、循環させて8時間放置する。ダストはタルク粉を使用(その他のダストは不可)。カテゴリー1の外郭は、被試験品内の圧力を真空ポンプによって大気圧以下にする。

  • カテゴリー1とは:内部器具の通常の使用サイクルにおいて、熱サイクル効果などによって外郭内が外気に対して負圧になるもの

IPコード一覧(第一特性数字)の要約、定義

第1特性数字 外来固形物に対する保護等級 実施可否
要約 定義
0 無保護 --- -
1 直径50mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径50mmの鋼球全体が侵入せず、かつ、鋼球と危険な箇所との間に 適正な空間距離を確保しなければならない。 可能
2 直径12.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径12.5mmの鋼球の全体が侵入してはならない。 可能
3 直径2.5mm以上の大きさの外来固形物に対して保護している。 直径2.5mmの試験棒が侵入せず、かつ適正な空間距離を確保しなければならない。 可能
4 直径1.0mm以上の大きさの 外来固形物に対して保護している。 直径1.0mmの試験棒が侵入せず、かつ適正な空間距離を確保しなければならない。 可能
5(5K※1 防じん形(防じん※1) 防じん形
(じんあいの侵入を完全に防止することはできないが、電気機器の所定の動作および安全性を阻害する量のじんあいの侵入はあってはならない。)
可能
6(6K※1 耐じん形(防じん密封※1) 耐じん形
(じんあいの侵入はあってはならない。)
可能
  • ※1:5K,6KはISO 20653、JIS D 5020等で規定。車載IP試験で対応。

IPコード一覧(第二特性数字)の要約、定義

第2特性数字 水の浸入に対する保護等級 実施可否
要約 定義
0 無保護 --- -
1 鉛直に落下する水に対して保護する。 鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼしてはならない。 可能
2 15度以内に傾斜しても鉛直に落下する水滴に対して保護する。 外郭が鉛直に対して両側に15℃以内で傾斜したとき、鉛直に落下する水滴によっても有害な影響を及ぼしてはならない。 可能
3 散水に対して保護する。 鉛直から両側に60度までの角度で噴霧した水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。 可能
4(4K※2 水の飛まつに対して保護する。 あらゆる方向からの水の飛まつによっても有害な影響を及ぼしてはならない。 可能
5 噴流に対して保護する。 あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。 可能
6(6K※2 暴噴流に対して保護する。 あらゆる方向からのノズルによる強力な噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。 可能
7 水に浸しても影響がないように保護する。 規定の圧力および時間で外郭を一時的に水中に沈めたとき、有害な影響を生じる量の浸入があってはならない。 可能
8 潜水状態での使用に対して保護する。 関係者間で取り決めた数字7より厳しい条件下で外郭を継続的に水中に沈めたとき、有害な影響を生じる量の水の浸入があってはならない。 可能
9K(※2 高圧の水を用いて洗浄する時または、スチームを噴射して洗浄する時の水に対して保護する。 すべての方向から外郭に向かって強く、高圧で噴射された水が、いかなる有害な影響を及ぼしてはならない。 可能
  • ※2:4K、6K、9KはISO 20653、JIS D 5020等で規定。車載IP試験で対応。

設備一覧


  • 耐塵試験機外観

  • 耐塵試験機外観
設備名 型名 製造者 主な仕様
耐塵試験機 SH 板橋理化工業 適用試験:
JIS C 0920,IEC 60529
試験槽内寸法:
幅100cm×奥行100cm×高さ100cm
試験槽口寸法:幅100cm×高さ100cm
試料台:60㎝×60cm
ケーブル孔:10φcm
風速:~10m/s
プログラム運転可能

見積り依頼方法

お見積りのご依頼は、品名情報、試験条件詳細を下記の見積り依頼書をダウンロードし、ご記入の上、にお送りください。

  • Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
 IP試験のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:0495-22-8140

ページの先頭へ