信頼性評価試験、環境試験

降じん試験IEC60068-2-68 試験方法Lb対応

降じん(降塵)試験は塵埃試験のひとつで、室内で囲いのある場所で細かい粉じんの自然降下によって、車載機器や自動車部品の密閉性・耐浸食性、可動部品への動きの影響を調べる試験です。 自動車のEV化に伴い、エンジンルーム内にはモーターなどの可動部品や各種電子制御機器の他、コネクター、ハーネス等の自動車部品が多く搭載されています。エンジンルームは塵埃環境が非常に厳しく、これらの車載機器や自動車部品の耐塵性を評価することは大変重要です。OKIエンジニアリングは、降じん試験:Lb(石英細粉じんを使用)から試験後の接触抵抗や絶縁抵抗の評価や、試験後に車載機器・部品の性能不良が発生した場合、故障部位の絞り込みを実施し、塵埃による電子機器への影響を調べることも可能です。
なお、粉体は石英細粉じん(EQDF)の他に、関東ローム8種+11種も可能です。

対応規格

試験名 ダスト 試験条件 規格
降じん試験(Lb) 石英細粉じん(EQDF:E-Quartz Dust Fine)
関東ローム8種+11種
6±1g/m2/d IEC60068-2-68 試験方法Lb

試験方法

降じん試験の方式

電気・電子製品上への細かい粉じんの自然降下による影響を確認します。

粉じん堆積量
24時間で6±1g/m2
粉じん
1分間吹き込み、59分間は自然降下
試験槽内温度
40℃
試験槽内湿度
25%未満
対象機器の例
ECU、ケーブル・ハーネス、通信機器(ルーター)、サーバー、診断系・治療系医療機器(生体機能補助・代行機器、治療用または手術用機器、画像診断用X線関連措置および用具、生体現象計測・監視システム、医用検体検査機器) 等

降じん試験(Lb)のダストSEM観察

路上粉塵など屋外から屋内に侵入した粉塵を想定し、各種電子機器、部品の密閉性、耐塵性の確認に使用されます。

石英細粉じん:規格はEQDF 75μm以下

石英細粉じん
SEM観察(1目盛り5μm)

石英細粉じん:拡大像

石英細粉じん
SEM観察(1目盛り1μm)

関東ローム8種+11種

関東ローム
SEM観察(1目盛り5μm)

関東ローム8種+11種:拡大像

関東ローム
SEM観察(1目盛り1μm)

設備

設備名 型名 製造者 主な仕様
塵埃試験機
(降じん試験)
D-1S テクノ・ハシモト 適用試験:IEC60068-2-68 試験方法Lb
試験槽内寸法:幅100cm×奥行100cm×高さ160cm
  • 降じん試験機 外観
    降じん試験機 外観
  • 降じん試験機 槽内
    降じん試験機 槽内

見積り依頼方法

お見積りのご依頼は、下記の見積り依頼書をダウンロードし、品名情報、試験条件詳細をご記入の上、にお送りください。

  • Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
降じん試験のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:0495-22-8140

  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード
  • メールマガジンのご登録はこちら


Pickup Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ