現在位置:Home > サービス一覧 > 信頼性評価試験、環境試験 > 環境試験 > 振動・衝撃試験


信頼性評価試験、環境試験

振動・衝撃試験

振動試験

主に正弦波 (サイン波)振動やランダム振動による耐振性能を確認します。また、固有振動数(共振周波数)の測定および耐久試験にも対応しております。

振動試験事例

振動試験実施例
投光器(LED)、システムボックス、電源、空調パネル、医療用機器、冷却装置、バンパー(車体)

  • 振動試験イメージ動画
  • 振動試験例
    振動試験イメージ

振動試験とは、部品、機器およびその他の製品が輸送中または使用中に調和形の振動を受ける場合を模して、 正弦波を与えその影響を調べる試験です。(1)船舶、航空機、地上車両、回転翼機および宇宙用機器による輸送および使用、(2)機械および地震現象起因するような回転力、脈動または周期的な力により部品や機器は、調和型の振動を受けます。振動試験によって、サンプルの機械的弱点および特定の性能の劣化を 判定、または製品規格の合否を判定が可能です。

対応規格

  • JIS C 60068-2-6
  • IEC 60068-2-6
  • MIL-STD-202 試験法 201A
  • JEITA ED-4701/400A
  • MIL-STD-810, 883

ページの先頭へ

ランダム波振動試験

ランダム波振動試験とは、電気製品および電子製品が、航空機、宇宙船、地上車両などの輸送または使用環境で生じるランダム振動を受ける場合を模した試験で、試験周波数範囲で、振動加速度スペクトル密度を規定して試験を行います。実環境は、同時に多くの振動モードをもったランダム振動である場合が多く、正弦波振動試験よりも、ランダム振動試験の方が、より実環境により沿った動的ストレスを適切に評価できると考えられます。ランダム振動は、応力の累積効果ならびにその結果として生じる機械的欠陥および規定された性能の劣化を特定が可能です。正弦半波(ハーフサイン波)・台形波・のこぎり波や繰返し衝撃試験(バンプ試験)にも対応しております。

対応規格

  • IEC/JIS C 60068-2-64
  • MIL-STD-202 試験法 214A等
  • 振動試験機
    振動試験機
  • ランダム波形
    ランダム波形
  • のこぎり波
    のこぎり波
  • 台形波
    台形波

ページの先頭へ

複合環境振動試験

主に車載機器・ECUといった自動車用電子機器の場合、振動条件に温湿度環境条件を組み合わせた複合環境振動試験を実施する場合もあり、当社では-40℃~+150℃(湿度は30%RH~98%RH)の範囲で対応しております。(サイクル試験可)

衝撃試験

衝撃試験とは、輸送、保管中およびび荷物の取り扱い中や使用中に衝撃が与えられた場合の、 部品、機器または他の製品への影響を調べる試験です。JISやMIL規格等に準拠した衝撃試験に対応しております。

対応規格

  • IEC/JIS C 60068-2-27
  • MIL-STD-202, 810, 883
  • JEITA ED-4701/400A
  • 衝撃試験機
    衝撃試験機
  • 衝撃試験機
    衝撃試験機
  • 衝撃試験例
    衝撃試験例

ページの先頭へ

設備一覧

振動試験機および衝撃試験機設備一覧
設備名 型名 製造者 主な仕様 サイト
複合環境振動試験機 PVL-3GA IMV

温度:-30~+150℃

湿度:30~98%RH

最大加速度:100G

周波数範囲:5~4000Hz※サイクル試験可

本庄
振動試験機 EM2506 IMV 加振力:40kN(正弦波)
40kN rms(ランダム波)
最大加速度:888m/s2
最大変位:100mmp-p
周波数範囲:5~2200Hz
本庄
振動試験機 i220/SA1M IMV

加振力:8KN(正弦波)

5.6kN(ランダム波)

最大加速度:1250m/s2

最大変位:51mmp-p

周波数範囲:5~3000Hz

氷川台
振動試験機 F-1000-AM-E47 EMIC

加振力:1000kg-G

最大加速度:71G

最大変位:25.4mmp-p

周波数範囲:5~500Hz

本庄
振動試験機 F-300BM/AE-90 EMIC

加振力:300kg-G

最大加速度:75G

最大変位:20mmp-p

周波数範囲:5~3000Hz

本庄
振動試験機 CV-1000-6 IMV

加振力:1000kg-G

最大加速度:66G(垂直時)

最大変位:50mmp-p

周波数範囲:5~2000Hz(水平テーブル使用時:1400Hz)

西東京
振動試験機 G-0215 振研

加振力:1500kg-G(ランダム:1050kg-Grms)

周波数範囲:5~2000Hz(水平テーブル使用時:1000 Hz)

最大加速度:107G(垂直時)

最大変位:25mmp-p

西東京
衝撃試験機 SM-110-MP AVEX
(旧AVCO)

衝撃波形:正弦半波

衝撃加速度:10~300G

衝撃持続時間:2~20ms

最大速度:1016cm/s

繰返し周期:最大8回/min

最大搭載重量:90kg

西東京
衝撃試験機 SM-105-MP AVEX
(旧AVCO)

衝撃波形:正弦半波

衝撃加速度:50~1500G

衝撃作用時間:0.5~11ms

最大速度:838cm/s

繰返し周期:最大8回/min

最大搭載重量:22kg

西東京
衝撃試験機 SM-110 AVEX
(旧AVCO)

最大搭載重量:90.7kg

最大速度:400in/s

氷川台、
本庄

この他にもOKIエンジニアリングの環境試験の設備にて、さまざまな各種環境試験に対応しています。

ページの先頭へ

見積り依頼方法

お見積りのご依頼は、下記の見積り依頼書をダウンロードし、品名情報、試験条件詳細をご記入の上、にお送りください。

  • Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
振動・衝撃試験のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:03-5920-2354

ページの先頭へ