現在位置:Home > サービス一覧 > 信頼性評価試験、環境試験 > 環境試験 > 浸漬試験(アイスウォーター衝撃試験)


信頼性評価試験、環境試験

浸漬試験(アイスウォーター衝撃試験)ISO16750-4、JASO D014-4、LV124対応

浸漬試験は、国際規格ISO16750-4で定められているアイスウォーター衝撃試験の1つです。
冷水に浸漬し、雨や雪で濡れた道路走行時の冷たい跳ね水がエンジンルーム近傍の高温部品にかかることを模擬する熱衝撃試験です。

OKIエンジニアリングの浸漬試験

  • 各種自動車向け規格に対応しています。
    • 国際規格ISO16750-4
    • 日本自動車技術会規則 JASO D014-4
    • ドイツ自動車車載電源規格 LV124 K-13
    • 各自動車メーカー規格
  • 大型供試品(500mmオーバー)にも対応可能です。
  • 供試品が多数の場合も同時に実施可能なため、試験日数の短縮が可能です。

浸漬試験の手順

浸漬試験の手順

  1. 供試品を規定の温度Tmaxの恒温器で規定の保持時間加熱する
    保持時間:1時間または温度が安定するまで
  2. 20秒以内に浸漬水槽に移動、装置が動作している状態で少なくとも10mmの深さで5分間浸漬させる
  3. 手順1,2を10サイクル繰り返す

上記は一例であり、規格により違いがあります。OKIエンジニアリングでは恒温器と浸漬水槽の移動を手動で対応します。

ページの先頭へ

浸漬試験の機器仕様

浸漬水槽
内寸法:W1000×H1500×D1000[mm] 水温:常温
冷水水槽
内寸法:W1000×H1500×D1000[mm] 水温:5℃以下
対応可能サイズ
寸法:W450×H750×D700[mm]
重量は最大70kg程度まで

浸漬試験の事例

浸漬試験実施例
ECU、電動制御ACT、ブレーキシステム、トランスミッション、充電ケーブル、バルブ機構、インバーター、DCDCコンバーター、大型モーター、通信モジュール、ディスプレイ、センサー、カメラ、スイッチ等

見積り依頼方法

お見積りのご依頼は、下記の見積り依頼書をダウンロードし、品名情報、試験条件詳細をご記入の上、にお送りください。

  • Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
 環境試験のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:0495-22-8140

ページの先頭へ