現在位置:Home > サービス一覧 > 信頼性評価試験、環境試験 > 環境試験 > アイスウォーター衝撃試験


信頼性評価試験、環境試験

アイスウォーター衝撃試験ISO16750-4、JASO D014-4、LV124対応

アイスウォーター衝撃試験(氷水衝撃試験)は、雨や雪で濡れた道路走行時の冷たい跳ね水がエンジンルーム近傍の高温部品にかかることを模擬する熱衝撃試験です。アイスウォーター衝撃試験は国際規格ISO16750-4で定められており、専用ノズルで冷水をかけるスプラッシュウォーター衝撃試験と、冷水に浸漬する浸漬試験の2種類あります。
OKIエンジニアリングでは、各種自動車向け規格に対応したアイスウォーター衝撃試験を実施しています。

アイスウォーター衝撃試験(氷水衝撃試験)とは

アイスウォーター衝撃試験のみでなく、塵埃試験(JIS D 0207)耐水試験(JIS D 0203)耐候性試験オゾン試験、各種試験を組み合わせた応用試験等、一般的な試験所で扱わない特殊な試験にも柔軟に対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

 環境試験のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:0495-22-8140

ページの先頭へ