化学分析(RoHS・REACH・環境)

アウトガス分析・解析材料等から発生するガス成分による不具合の原因解決を支援

アウトガス分析・解析

製品を構成する材料や梱包材から発生するガス成分などにより、製品に不具合をきたすことがあります。構成部品から製品に至るまで、試料に合わせたサンプリング方法をご提案いたします。また、OKIエンジニアリングでは、アウトガスの定性定量分析だけではなく、原因材料の特定やアウトガスが原因による電子機器の不具合解決のご提案、暴露試験による対策効果の評価までワンストップで支援します。

アウトガス成分による不具合例

電子部品等に影響を及ぼすアウトガスの代表例として、低分子シロキサン、硫化水素、二酸化硫黄などの硫黄ガスがあげられます。また、有機系のアウトガス(VOC:揮発性有機化合物)等も電子部品に不具合を及ぼすことがあります。

Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。
アウトガス分析・解析に関するお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:03-5920-2356 FAX:03-5920-2306

Pickup Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ