現在位置:Home > サービス一覧 > 信頼性評価試験、環境試験 > 信頼性評価試験 > 電源プラグのトラッキング試験


信頼性評価試験、環境試験

電源プラグのトラッキング試験

電源プラグのトラッキングそのものが即、火災事故に結びつくとは限りませんが、問題は、微小な火花放電(シンチレーション)が繰り返されることにより、電源プラグとコンセントの接している面から急激に炎が発生することにあります。これが周囲の燃えやすいものに引火し、火災事故につながることがあり、対策が重要となります。OKIエンジニアリングでは、このようなトラッキングの発生を未然に防ぐための試験サービスを提供しています。

トラッキング現象とは

トラッキング現象とは、絶縁体表面が、塩分、塵埃、湿潤、化学薬品(合成洗剤等)などによって汚損・損傷を受けた状態で電圧が印加されると、沿面に漏れ電流が流れ、シンチレーションの発生によって表面が劣化し、炭化導電路(トラック)が形成され、ついには絶縁破壊が起きます。これをトラッキング現象と言います。

電源プラグの耐トラッキング性試験

屋内使用、定格電圧125V、定格電流15A以下の一体成形したコード付電源プラグの使用環境と耐トラッキング性能について規定されています。

社団法人日本配線器具工業会規格「電源プラグの耐トラッキング性」JWDS0028

レベル 耐トラッキング性能 使用環境
抜き差しの頻度 場所
1  滴下回数:200滴以上 少ない 点検困難場所
水気場所
特殊場所
2 滴下回数:80滴以上 少ない 一般場所
多い 水気場所
特殊場所

電源プラグの耐トラッキング性試験事例

試料
ACアダプタ(INPUT:AC100-240V、OUTPUT:5V)
試験液
0.2%の塩化アンモニウム水溶液
印加電圧
電源プラグの定格電圧 AC125V 50Hz
その他試験条件
1回の滴下量:20㎣(+5、-0㎣)5分±10秒/回の間隔で継続して滴下
滴下回数:80回
試験回路:図1による
使用機器:交流安定化電源

  • 耐トラッキング性試験 発煙あり
  • 電源プラグの耐トラッキング性試験 図1 試験回路
    図1 試験回路

試験の結果、下記現象の無いことから発火しないことを確認します。

  • 滴下回数中の発火。
  • 過電流継電器、又は配線用遮断器の動作。
  • 試験用コンセントカバ-が割れる。

※ただし、シンチレ-ション、発煙は発火とみなしません。

電源プラグのトラッキング試験のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:0495-22-8140

ページの先頭へ