化学分析(RoHS・REACH・環境)

絶縁油中の微量PCB分析

PCBとはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称で、ポリ塩化ビフェニル化合物の総称であり、その分子に保有する塩素の数やその位置の違いにより理論的に209種類の異性体が存在し、なかでも、コプラナーPCB(コプラナーとは、共平面状構造の意味)と呼ばれるものは毒性が極めて強くダイオキシン類として総称されるものの一つとされています。国内では、主に電気機器用の絶縁油、各種工業における加熱および冷却用の熱媒体並びに感圧複写紙等に利用されていました。現在は、PCB特別措置法によりPCB廃棄物に該当する重電機器を保有する事業者は、2016年7月14日までにPCB廃棄物の適切な処分が義務付けられています。OKIエンジニアリングでは、2010年6月に環境省から公表された「絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル(第2版)」に準拠した、高精度で安価なPCB定量法による分析サービスをご提供しています。

  • 昭和47年以降に製造された重電機器に関しての微量のPCB混入分析サービス
  • 廃棄処分時でのPCB混入有無確認分析サービス
  • PCB特別措置法:
    「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」が、2001年7月15日施行されました。PCB廃棄物に該当する重電機器を保有する事業者は、2016年7月14日までにPCB廃棄物の適切な処分が義務付けられています。

微量のPCB混入分析サービス

採取キット
採取キット

簡易測定法唯一の生化学的測定法である「加熱多層シリカゲル/アルミナカラム/フロー式イムノセンサー法」によりPCB定量測定を行っております。また、その他の定量測定も可能でありますので、お客様のニーズに応じてご提案いたします。

PCB分析のご依頼からご報告までの流れ

PCB分析の流れ

  1. お問い合わせおよびご相談

    お気軽にご相談ください。当社では試料採取も承っております。納期につきましてもご相談ください。

  2. 試料採取キットの送付

    ご依頼いただきますと試料採取キットをお送りいたします。

  3. 測定

    「加熱多層シリカゲル/アルミナカラム/フロー式イムノセンサー法」によりPCB定量測定を実施いたします。その他の定量測定法も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

  4. ご報告

    報告書をお送りいたします。なお、PCB濃度が0.5mg/kg超の場合、測定後の残油等は返却させていただきます。

絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル(第2版)

絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル(第2版)
絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル(第2版)

絶縁油中の微量PCB分析に関するお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:03-5920-2356 FAX:03-5920-2306

お問い合わせ

お問い合わせ