電子部品の技術・環境情報調査

SCIP情報調査新化学物質管理制度「SCIP」対応サポート

SCIPデータベース登録が必要な購入部品のSVHC含有情報や、SCIP情報の入手からデータベース登録、SVHC含有不明な場合の分析まで、SCIP対応管理をワンストップでサポートいたします。

SVHC(高懸念物質)を使用した部品や製品の情報を欧州化学品庁(ECHA)に登録する制度であるSCIPの運用が、2021年1月5日より開始されます。SCIP対応で定義されるArticle as such(原部品)のSVHC含有濃度は、REACH規則chemSHERPAとは異なる場合があり、SVHC含有濃度を再計算する場合があります。
OKIエンジニアリングでは、お客様所有のchemSHERPAやSVHC確認書などからSVHC含有確認、およびSVHC含有濃度の再計算を行い、SCIP登録やSCIP情報伝達の要否判断をサポートいたします。

SCIP登録/情報伝達判断フローチャート
SCIP登録/情報伝達判断フローチャート

お客様のお困りごとを、OKIエンジニアリングが解決いたします。長年の環境調査実績に基づいた豊富なノウハウでサポートさせていただきます。

SCIP登録/情報伝達要否確認(SVHC含有確認)
お客様の所有データよりSVHC含有確認とSCIP対応要否確認を行い、お客様のSCIP情報登録判断をサポートします。データで判断できない場合は、分析によるサポートも可能です。
SCIP情報準備(情報収集代行/情報作成支援)
SVHCの含有が確認されSCIP対応が必要となった場合、chemSHERPAを使ったSCIP情報収集やSCIP情報作成などSCIP情報の準備をサポートします。
SCIPデータベース登録(登録代行)
SCIPデータベースへの登録を代行します。
※詳細につきましては、お問い合わせください。
電子部品の技術・環境情報調査のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:048-420-7129

Pickup Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ