電子部品の技術・環境情報調査

chemSHERPA調査

chemSHERPA調査は、含有化学物質の情報伝達スキームであるchemSHERPA(ケムシェルパ)書式を使用し、お客様のご購入先(代理店/メーカー)へ当社が代行調査を行い、chemSHERPAデータを代理収集するサービスです。またオプションサービスとして、ご要望に応じたデータチェック、エンドユーザ様への報告資料作成を行い、お客様の環境情報データベース管理をサポートいたします。オプションメニューの詳細はお問い合わせください。

chemSHERPA調査サービスイメージ図

お客様のお困りごとを、OKIエンジニアリングが解決いたします。長年の環境調査実績に基づいた豊富なノウハウでサポートさせていただきます。

標準調査

サービス内容
  • 調査の準備からデータ収集とデータチェックを行う基本サービス
    • 部品リストを基にお客様のご購入先(代理店/メーカー)へchemSHERPAの代行調査(依頼、納期整合、進捗管理、質問対応)
    • chemSHERPAの回答が得られない場合は、提出不可の理由および代替データの提供交渉
    • お客様へ定期進捗報告、最終報告(入手データ、チェック内容をとりまとめた報告書等を納品)
    • 調査過程で知り得た対象部品の品名やメーカー名の正確な情報もご報告
データチェック

チェックランクを3パターンご用意しています。

  • 標準チェック
    • 簡易チェックに加え、REACH規則(SVHC)、RoHS指令、ELV指令の含有物質の閾値確認や適用除外用途、除外コードの整合性をチェック
  • 簡易チェック
    • 依頼部品と入手データの部品情報の紐付けチェック
    • chemSHERPAツール機能によるエラーチェック
  • オプションチェック
    • CAS番号と物質名の不一致がないかをチェック
    • その他お客様指定の項目確認(対応可否相談)

カスタマイズ調査

サービス内容
  • 既存データを活用する調査サービス
    • 既存データを確認し、お客様ご要望内容の不足項目を差分調査
  • 独自フォーマット調査に対しchemSHERPAを活用した調査サービス
    • 業界フォーマットのchemSHERPAにて含有化学物質調査を行い、ご要望の独自フォーマットでご報告
データチェック
  • ご要望の内容でデータチェック
    • お客様のご要望、エンドユーザ様のご要求に合わせチェック内容をご提案

サイドメニュー

サービス内容
  • AIS、MSDSPlus、JAMAフォーマットをchemSHERPAデータへ変換
  • chemSHERPAデータを製品レベルに集計

よくあるお問い合わせ

chemSHERPAって何ですか?Ver(バージョン)もいろいろあって、内容がわかりません。

様々なVerがあるchemSHERPAにおいて、お客様のご要望に沿った最新Verの調査や、既存データを活用する差分調査等をご提案いたします。

エンドユーザ様への報告、何を調査すればよいかわかりません。

chemSHERPAのみでは エンドユーザ様のご要求を満足できない場合は、不足分の補足調査をご提案いたします。

回答が全然集まらない… 対応する時間もない… 入手したがデータが妥当か確認できません。

当社にて責任をもってご購入先(代理店/メーカー)へ調査依頼、回答入手までの進捗管理、質問対応等を行い、回答入手いたします。また、回答内容を確認し不備・不足がある場合は、ご購入先への問い合わせを行います。

過去のVerデータは使えませんか?AIS、MSDSPlus、JAMAは使えませんか?

過去のデータが使えるものは、chemSHERPAデータ変換をサポートいたします。また情報が不足する場合には差分調査をご提案いたします。

収集した環境情報を社内のデータベースとして役立てたいのですが、どうすればいいですか?

環境データの管理システムをお持ちでないお客様に対して、Microsoft ExcelやMicrosoft Accessを使った簡易データベースをご提案いたします。

電子部品の技術・環境情報調査のお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:048-420-7129

お問い合わせ

お問い合わせ