化学分析(RoHS・REACH・環境)

樹脂中の有害物質分析材料中の4,4-ジアミノジフェニルメタン含有量測定

材料中の4,4-ジアミノジフェニルメタン含有量測定から樹脂中の有害物質分析

4,4-ジアミノジフェニルメタン(別名:4,4’-メチレンジアニリン)は、ポリウレタンの合成原料として使用されており、エポキシ樹脂硬化剤等が用途として挙げられます。有害大気汚染物質に該当する可能性がある物質および水環境保全に向けた取組のための要調査項目に選定されており、摂取をするとヒト健康への影響が懸念されます。OKIエンジニアリングでは、加熱時の4,4-ジアミノジフェニルメタンの含有量解析とともに、各種条件における検出量の解析が可能です。

  • 加熱時の4,4-ジアミノジフェニルメタンの含有量分析
  • 各種条件(温度条件等)における4,4-ジアミノジフェニルメタン検出量の解析
  • 劣化解析などの材料評価も合わせて可能

測定結果チャート

4,4-ジアミノジフェニルメタンの含有量分析測定結果チャート
4,4-ジアミノジフェニルメタンの含有量分析測定結果チャート

ガスクロマトグラフ質量分析装置[GC-MS]の検索結果

4,4-ジアミノジフェニルメタンのガスクロマトグラフ質量分析装置[GC-MS]の検索結果
4,4-ジアミノジフェニルメタンのガスクロマトグラフ質量分析装置[GC-MS]の検索結果

作業環境測定

ウレタンチューブ劣化解析例
ウレタンチューブ劣化解析例

4,4-ジアミノジフェニルメタンは、ポリウレタンの合成ですが、樹脂にした状態の原料樹脂の構造変化を赤外分光分析(FT-IR分析)にて解析可能です。

樹脂中の有害物質分析に関するお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:03-5920-2356 FAX:03-5920-2306

お問い合わせ

お問い合わせ