EMC測定・製品安全試験

製品安全試験IEC/EN 60950-1(JISC 6950-1)[情報技術機器]、IEC/EN 61010-1(JISC1010-1)[計測、制御および試験所用電気機器]、IEC/EN 60601-1(JIST0601-1)[医用電気機器]、IEC/EN 62368-1(JISC62368-1)[オーディオ・ビデオ、情報および通信技術機器]

製品安全試験は機器が感電や火傷などの危険の低減を配慮した設計であるか、たとえ故障しても二次的に被害が拡大しないかを当該製品に適用される規格に基づき確認する試験です。OKIエンジニアリングでは、iNARTE-PS(Product Safety/製品安全)エンジニアを中心とした技術者が製品安全試験を実施し、主に医療機器(IEC/EN 60601-1、JIST0601-1)、計測制御機器(IEC/EN61010-1、JISC1010-1)、情報処理装置(IEC/EN60950-1、JISC6950-1)、オーディオ・ビデオ、情報及び通信技術機器(IEC/EN62368-1、JISC62368-1)、家庭用電気機器(IEC/EN60335-1、JISC9335-1)を中心に、IECEEに基づいた認証試験所(CBTL)として、CB証明書申請やCE自己適合宣言などのサポートを含め、ワンストップでサービスを提供いたします。また、電気用品安全法(電安法)の「国内PSE「特定電気用品以外の電気用品」PSE試験の技術基準適合確認試験もサポートいたします。

対応分野と規格

  • IEC/EN 60950-1、JISC6950-1 情報技術機器
  • IEC/EN 61010-1、JISC1010-1 計測、制御および試験所用電気機器
  • IEC/EN 60601-1、JIST0601-1 医用電気機器
  • IEC/EN 62368-1、JISC62368-1 オーディオ・ビデオ、情報および通信技術機器
  国際規格 日本 北米 欧州
情報処理装置 IEC 60950-1 JIS C 6950-1 UL/CSA60950-1 EN 60950-1
計測器 IEC 61010-1 JIS C 1010-1 - EN 61010-1
医療医用電気機器 IEC 60601-1 JIS T 0601-1 - EN 60601-1
オーディオ・ビデオ、情報および通信技術機器 IEC 62368-1 JIS C 62368-1 UL/CSA/CAN62368-1 EN 62368-1

危険の要因

製品安全試験は、安全性確保のため危険要因を除去することです。危険の要因は大きく以下の7つに分類されます。これらの危険要因に対する安全性を、規格に従って、漏れ電流試験耐電圧試験耐湿試験アース導通試験温度上昇試験単一故障試験構造試験ドキュメントチェック残留電圧試験で確認します。

  1. 感電の危険(漏れ電流の測定)[患者への危険(医療機器のみ)]
  2. エネルギーの危険(残留電圧の測定)
  3. 火災の危険
  4. 熱的危険(火傷防止)
  5. 機械的危険(指挟み、転倒など)
  6. 放射の危険(X線など)
  7. 化学的危険(薬品など)

危険要因図
危険の要因図

製品安全試験の紹介

製品安全試験の流れ

電気製品安全試験の流れ図 事前構造検査(プリチェック)はこちら ドキュメントチェックはこちら 構造試験はこちら 漏れ電流試験はこちら 耐電圧試験はこちら 耐湿試験はこちら 残留電圧試験はこちら アース導通試験はこちら 温度上昇試験はこちら 単一故障試験はこちら

OKIエンジニアリングは、Nemko ASの認証機関試験所(CBTL)として認定されています。当社がIEC規格に基づく試験を実施し、NCBであるNemko ASが発行したCBレポートおよびCB証明書を使用すれば、国際認証体系(CBスキーム)により、IECEE加盟国で相互活用が可能となり、本来各国ごとに実施している試験が大幅に省略できます。

製品安全試験に関するお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
製品安全試験:利用料金表ダウンロードはこちら
電話:0495-22-8411 ファックス:0495-22-8410

Pickup Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ