化学分析(RoHS・REACH・環境)

作業環境測定

労働安全衛生法では、快適な職場環境と労働者の安全と健康を確保することを目的に、作業環境の定期的な測定が義務付けられています。特に、第65条第1項では、「事業者は、有害な業務を行う屋内作業場その他の作業場で、政令で定めるものについて、厚生労働省令で定めるところにより、必要な作業環境測定を行い、及びその結果を記録しておかなければならない。」と定められております。この法令に基づき、労働安全衛生法施行令第21条で定める作業環境測定を行うべき作業場(厚生労働省令で定めるもの)のうち、粉じん、特定化学物質(石綿、コークス)、鉛、有機溶剤を取り扱う指定作業場は、自社の作業環境測定士に測定を実施させるか、作業環境測定機関(厚生労働大臣または都道府県労働局長の登録を受けた機関)に測定を委託しなければなりません。
OKIエンジニアリングは、第1種作業環境測定士を有する東京都登録作業環境測定機関として、環境測定を行っています。

作業環境測定基準の改正
労働安全衛生法第65条の作業環境測定の方法として「個人サンプリング法」が導入されます。
施行日
令和3年4月1日
特定化学物質の追加
「溶接ヒューム」と「塩基性酸化マンガン」が特定化学物質として追加されます。
施行日
令和3年4月1日
管理濃度の変更
特定化学物質として「塩基性酸化マンガン」が追加されたことにより、従来の「マンガンおよびその化合物(塩基性酸化マンガンを除く)」の「(塩基性酸化マンガンを除く)」を削除し、「マンガンおよびその化合物」として管理濃度も変更となります。
施行日
令和3年4月1日
物質名
マンガンおよびその化合物
管理濃度
0.05 mg/m3
特定化学物質の追加
「三酸化二アンチモン(別名:三酸化アンチモン)」が特定化学物質の管理第2類物質・特別管理物質となりました。
施行日
平成29年6月1日
物質名
三酸化二アンチモン
管理濃度
0.1 mg/m3

作業環境測定機関登録

東京都労働基準局へ作業環境測定機関の登録を行っています。

作業環境測定

OKIエンジニアリングでは作業環境測定機関として、下記の作業場所について測定を実施いたします。

作業場の種類 関係規則 測定回数
土石、岩石、鉱物、金属または炭素の粉じんを著しく発散する屋内作業場 粉じん則26条 6ヶ月以内ごとに1回
特定化学物質(第1、2類物質)を製造し、または取り扱う屋内作業場等 特化則36条 6ヶ月以内ごとに1回
一定の鉛業務を行う作業場 鉛則52条 1年以内ごとに1回
有機溶剤(第1、2種有機溶剤)を製造し、または取り扱う一定の業務を行う屋内作業場 有機則28条 6ヶ月以内ごとに1回
著しい騒音を発する屋内作業場 安衛則590、591条 6ヶ月以内ごとに1回

実施測定から評価までのフロー

実施測定から評価までのフロー

作業環境測定対象物質一覧

物質名 CAS番号 管理濃度
濃度 単位 備考
土石、岩石、鉱物、金属または炭素の粉じん E=3.0/(1.19Q+1) E=管理濃度(mg/m3
Q=当該粉じんの遊離けい酸含有率(%)
アクリルアミド75-06-10.1mg/m3 
アクリロニトリル107-13-10.1mg/m3 
アルキル水銀化合物
(アルキル基がメチル基またはエチル基である物に限る。)
627-44-12ppm 
エチルベンゼン
(塗装業務のみ対象)
100-41-40.01mg/m3(水銀として)
エチレンイミン
(別名:アジリジン)
151-56-420ppm 
エチレンオキシド
(別名:酸化エチレン)
75-21-81ppm 
塩化ビニル
(別名:クロロエチレン)
273982ppm 
塩素7782-50-50.5ppm 
塩素化ビフェニル
(別名:PCB)
1336-36-30.01mg/m3 
オルト-トルイジン
(別名:2-メチルアニリン)
95-53-41ppm 
オルト-フタロジニトリル91-15-60.01mg/m3 
カドミウムおよびその化合物7440-43-90.05mg/m3(カドミウムとして)
クロム酸およびその塩7440-47-30.05mg/m3(クロムとして)
クロロホルム67-66-33ppm 
五酸化バナジウム1314-62-10.03mg/m3(バナジウムとして)
コバルトおよびその無機化合物7440-48-40.02mg/m3(コバルトとして)
コールタール8007-45-20.2mg/m3(ベンゼン可溶性成分として)
酸化プロピレン
(別名:プロピレンオキシド)
75-56-92ppm 
三酸化二アンチモン7440-36-00.1mg/m3(アンチモンとして)
シアン化カリウム151-50-83mg/m3(シアンとして)
シアン化水素74-90-83ppm 
シアン化ナトリウム143-33-93mg/m3(シアンとして)
四塩化炭素56-23-55ppm 
1,4-ジオキサン123-91-110ppm 
1,2-ジクロロエタン
(別名:二塩化エチレン)
107-06-210ppm 
3,3'-ジクロロ-4,4'-ジアミノジフェニルメタン101-14-40.005mg/m3 
1,2-ジクロロプロパン
(洗浄・払拭作業のみ対象)
78-87-51ppm 
ジクロロメタン
(別名:二塩化メチレン)
75-09-250ppm 
ジメチル-2,2-ジクロロビニルホスフェイト
(別名:DDVP)
62-73-20.1mg/m3 
1,1-ジメチルヒドラジン57-14-70.01ppm 
臭化メチル74-83-91  
重クロム酸およびその塩13530-68-20.05mg/m3(クロムとして)
水銀およびその無機化合物(硫化水銀を除く。)7439-97-60.025mg/m3(水銀として)
スチレン100-42-520ppm 
1,1,2.2-テトラクロロエタン
(別名:四塩化アセチレン)
79-34-51ppm 
テトラクロロエチレン
(別名:パークロルエチレン)
127-18-425ppm 
トリクロロエチレン79-01-610ppm 
トリレンジイソシアネート26471-62-50.005ppm 
ナフタレン91-20-310ppm 
ニッケル化合物(ニッケルカルボニルを除き、粉状の物に限る。)7440-02-00.1mg/m3(ニッケルとして)
ニッケルカルボニル13463-39-30.001ppm 
ニトログリコール628-96-60.05ppm 
パラ-ニトロクロルベンゼン100-00-50.6mg/m3 
砒素およびその化合物
(アルシンおよび砒化ガリウムを除く。)
7440-38-20.003mg/m3(砒素として)
弗化水素7664-39-30.5ppm 
ベータ-プロピオラクトン57-57-80.5ppm 
ベリリウムおよびその化合物7440-41-70.001mg/m3(ベリリウムとして)
ベンゼン71-43-21ppm 
ベンゾトリクロリド98-07-70.05ppm 
ペンタクロルフェノール
(別名:PCP)およびそのナトリウム塩
87-86-50.5mg/m3(ペンタクロルフェノールとして)
ホルムアルデヒド50-0-00.1ppm 
マンガンおよびその化合物
(塩基性酸化マンガンを除く。)
7439-96-50.2mg/m3(マンガンとして)
メチルイソブチルケトン
(別名:MIBK)
108-10-120ppm 
沃化メチル74-88-42ppm 
リフラクトリーセラミックファイバー142844-00-60.3本/cm3(5μm以上の繊維として)
硫化水素21488781ppm 
硫酸ジメチル77-78-10.1ppm 
石綿1332-21-40.15本/cm3(5μm以上の繊維として)
鉛およびその化合物7439-92-10.05mg/m3(鉛として)
アセトン67-64-1500  
イソブチルアルコール78-83-150  
イソプロピルアルコール67-63-0200ppm 
イソペンチルアルコール
(別名:イソアミルアルコール)
123-51-3100ppm 
エチルエーテル60-29-7400ppm 
エチレングリコールモノエチルエーテル
(別名:セロソルブ)
110-80-55ppm 
エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート
(別名:セロソルブアセテート)
111-15-95ppm 
エチレングリコールモノ-ノルマル-ブチルエーテル
(別名:ブチルセロソルブ)
111-76-225ppm 
エチレングリコールモノメチルエーテル
(別名:メチルセロソルブ)
109-86-40.1ppm 
オルト-ジクロルベンゼン95-50-125ppm 
キシレン1330-20-750ppm 
クレゾール1319-77-35ppm 
クロルベンゼン108-90-710ppm 
酢酸イソブチル110-19-0150ppm 
酢酸イソプロピル108-21-4100ppm 
酢酸イソペンチル
(別名:酢酸イソアミル)
123-92-250ppm 
酢酸エチル141-78-6200ppm 
酢酸ノルマル-ブチル123-86-4150ppm 
酢酸ノルマル-プロピル109-60-4200ppm 
酢酸ノルマル-ペンチル
(別名:酢酸ノルマル-アミル)
628-63-750ppm 
酢酸メチル79-20-9200ppm 
シクロヘキサノール108-93-025ppm 
シクロヘキサノン108-94-120ppm 
1,2-ジクロルエチレン
(別名:二塩化アセチレン)
540-59-0150ppm 
N,N-ジメチルホルミアミド
(別名:DMF)
68-12-210ppm 
テトラヒドロフラン109-99-950ppm 
1,1,1-トリクロルエタン71-55-6200ppm 
トルエン108-88-320ppm 
二硫化炭素75-15-01ppm 
ノルマルヘキサン110-54-340ppm 
1-ブタノール
(別名:n-ブタノール)
71-36-325ppm 
2-ブタノール78-92-2100ppm 
メタノール67-56-1200ppm 
メチルエチルケトン78-93-3200ppm 
メチルシクロヘキサノール25639-42-350ppm 
メチルシクロヘキサノン1331-22-250ppm 
メチル-ノルマル-ブチルケトン591-78-65ppm 
アルファ-ナフチルアミンおよびその塩134-32-7  
インジウム化合物7440-74-6  
オーラミン2465-27-2  
オルト-トリジンおよびその塩119-93-7  
クロロメチルメチルエーテル107-30-2  
ジアニシジンおよびその塩119-90-4  
ジクロルベンジジンおよびその塩92-87-5  
パラ-ジメチルアミノアゾベンゼン60-11-7  
マゼンタ569-61-9
632-99-5
  
  • 管理濃度の値は25℃、1気圧の空気中における濃度を示す

個人サンプリング法とは

均等ばく露作業を行う作業者に試料採取機器(サンプラー)を装着して、従来のA・B測定同様に気中の濃度測定を実施します。部分的な先行導入として、個人サンプリング法の特性が特に発揮し、リスクを正しく評価し改善に結びつけることができる下記の物質や作業が対象となります。

個人サンプリング法を用いることができる作業環境測定

(1)低管理濃度特定物質(⇒管理濃度が0.05mg/m3(相当)以下で15分間の試料空気の採取等で管理濃度の1/10の濃度が測定できることが確認されたもの)および鉛業務を行う屋内作業場所

物質の名称 管理濃度
ベリリウムおよびその化合物 0.001mg/m3(ベリリウムとして)
インジウム化合物 -
オルト-フタロジニトリル 0.01mg/m3
カドミウムおよびその化合物 0.05mg/m3(カドミウムとして)
クロム酸およびその塩 0.05mg/m3(クロムとして)
五酸化バナジウム 0.03mg/m3(バナジウムとして)
コバルトおよびその無機化合物 0.02mg/m3(コバルトとして)
3,3´-ジクロロ-4,4´-ジアミノジフェニルメタン 0.005mg/m3
重クロム酸およびその塩 0.05mg/m3(クロムとして)
水銀およびその無機化合物 0.025mg/m3(水銀として)
トリレンジイソシアネート 0.005ppm
砒素およびその化合物 0.003mg/m3(砒素として)
マンガンおよびその化合物 0.05mg/m3(マンガンとして)
鉛およびその化合物 0.05mg/m3(鉛として)
  • 管理濃度の値は25℃、1気圧の空気中における濃度を示す

(2)有機溶剤等にかかる測定のうち、塗装作業のように発散源の場所が一定しない作業にかかるもの

局所排気装置設計および届出対応

OKIエンジニアリングでは、工場の空調設備や排ガス処理設備などの様々な設備設計業務によりこれまでに培ってきた技術を活かし、お客様のニーズに合った局所排気設備の設計・設置から、届出、事前事後の作業環境測定に至るまでワンストップで提供しています。

  • 発生源と当該作業者の間に定置式のサンプラーを設置することが困難な作業が含まれる
作業環境測定に関するお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:03-5920-2356 FAX:03-5920-2306

Pickup Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ