現在位置:Home > サービス一覧 > 信頼性評価試験、故障・良品解析、環境試験 > 環境試験 > ガス腐食試験


サービス一覧

ガス腐食試験JIS C 60068-2-42、43、60規格対応

ガス腐食試験

電子部品、めっき製品等の腐食性ガス環境における耐久性を評価する試験です。特に接触部および接続部を保管・動作させた時の腐食性ガスの影響を評価します。 OKIエンジニアリングでは、ガス腐食試験による4種類の腐食性ガス(SO2,H2S,NO2,Cl2)の単独および混合した雰囲気での試験が可能です。

ガス腐食試験の特徴

  • JIS C 60068-2-42、JIS C 60068-2-43、JIS C 60068-2-60に対応
  • 単独ガス腐食試験から4種類の混合ガス腐食試験と同時に温湿度サイクル試験が可能
  • 高温環境下85℃のガス腐食試験が可能
  • 槽内寸法700×700×700mm の大寸法により製品状態での試験が可能
  • ガス腐食試験機KG120
    ガス腐食試験機KG120
  • ガス腐食試験機KG130
    ガス腐食試験機KG130
  • ガス腐食試験機KG200
    ガス腐食試験機KG200

腐食性ガスばっ気試験

デシケータ内に酸(orアルカリ)溶液を入れ、溶液より発生した酸 (orアルカリ) 性ガス雰囲気下での耐食性評価を行うばっ気試験です。 酸、アルカリ他、リレーのシリコンガス雰囲気下でのシリコン接点障害を確認するシリコンガスばっ気試験など、材料・製品の特殊ガス雰囲気に対する評価もばっ気試験で実施することが可能です。

ばっ気試験の一例


デシケータを使用したばっ気試験外観

対象雰囲気(ガス) 評価対象例
アンモニア コネクタ評価
硝酸 金メッキ評価
シリコン リレー接点部評価

その他にも塩酸・シュウ酸など各種薬品や市販溶液による特殊な汚染環境雰囲気による試験も可能です。

JIS C 60068-2-60 混合ガス流腐食試験 腐食性モニタ用銅試験片対応

JIS C 60068-2-60には、試験性能を検証する為の腐食性モニタ用銅試験片を供試品とともに曝露することが規定されています。混合ガス流腐食試験の試験方法1から4(下記表)まで全て対応いたします。お客様のご要望により、腐食性モニタ用銅試験片の準備および、重量測定を行います。

試験方法(JIS C 60068-2-60)

パラメータ 試験方法1 試験方法2 試験方法3 試験方法4
H2S(10-9vol/vol)

100±20

10±5 100±20 10±5
NO2(10-9vol/vol) - 200±50 200±50 200±20
Cl2(10-9vol/vol) - 10±5 20±5 10±5
SO2(10-9vol/vol)

500±100

- - 200±20
温度 ℃ 25±1 30±1 30±1 25±1
相対湿度 %RH 75±3 70±3 75±3 75±3
換気回数/h

3~10

3~10

3~10

3~10

銅試験片の質量増加[mg/(dm×日)] 1.0~2.0 0.3~1.0 1.2~2.2 1.2~2.4

JIS C 60068-2-60 腐食性モニタ用銅試験片例

プリント基板のガス試験(H2S)事例

硫化水素ガス試験後の基板上のAuパッド表面の腐食生成物

基板下層部のNi-Pめっきが、腐食し、多数のピンホールを介して、表面に腐食生成物が発生

ガス腐食試験後、基板下層部のNi-Pめっきが、腐食し、多数のピンホールを介して、表面に腐食生成物が発生した。 Ni、S、Oが検出されていることから白色の異物はNi硫酸化合物、赤色はNi酸化物と推定される。

  • マイクロスコープによる外観観察結果
    マイクロスコープによる外観観察結果
    白色や赤色の腐食生成物が発生している
  • SEMによる外観観察結果例
    SEMによる外観観察結果例
  • 矢印部1拡大
    矢印部拡大

電子線マイクロアナライザ(EPMA)による腐食性生物の面分析結果
電子線マイクロアナライザ(EPMA)による腐食性生物の面分析結果

LED電極のガス試験(H2S)による腐食評価事例

LED用封止材(シリコーン)の硫化水素(H2S)透過による電極の腐食例

外観観察

  • ガス試験前LED外観観察結果
    ガス試験(H2S)前LED外観観察結果
  • ガス試験後LED外観観察結果電極の変色が観察される
    ガス試験(H2S)後LED外観観察結果
    電極の変色が観察される

LEDの硫化水素(H2S)試験前後の光学特性の変化と蛍光X線による元素分析結果

積分球による光学特性結果

  • 放射束-波長のグラフ
    放射束-波長のグラフ
  • CIE 1931 色度座標に差異が見られた
    CIE 1931 色度座標に差異が見られた

蛍光X線による元素分析結果

S、Agが検出された事から、Agの硫化物が生成していると考えられる。

  • マイクロスコープによる外観観察結果
    ガス試験(H2S)試験前
  • SEMによる外観観察結果例
    ガス試験(H2S)試験後

設備一覧

ガス濃度についてはお問い合わせください。

ガス腐食試験機
設備名 型名 製造者 主な仕様
ガス腐食試験機 KG95(1台)

ファクトケイ

槽内寸法:420(W)×450(D)×500(H)
温度:25~45℃ 湿度:60~90%RH
KG120(2台)    槽内寸法:500(W)×500(D)×700(H)
温度:25~45℃ 湿度:65~95%RH
KG130(1台) 槽内寸法:440(W)×440(D)×440(H)
温度:25~55℃ 湿度:60~100%RH
KG200(3台) 槽内寸法:440(W)×540(D)×440(H)
温度:25~65℃ 湿度:60~95%RH
GT-100(1台) スガ試験機 槽内寸法:500(W)×500(D)×400(H)
GS-IECS(2台) 槽内寸法:700(W)×700(D)×570(H)
槽内寸法はこちら
GS-UV(1台) 槽内寸法:400(W)×375(D)×300(H)
槽内寸法はこちら

見積り依頼方法

お見積りのご依頼は、品名情報、試験条件詳細を下記の見積り依頼書をダウンロードし、ご記入の上、にお送りください。

  • Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

【お問い合わせ先】

  • 信頼性技術事業統括部
    • 電話:03-5920-2354 ファックス:03-5920-2306
    • 信頼性技術事業統括部メールアドレスお問い合わせはこちらから

ページの先頭へ