現在位置:Home > 拠点所在地 > 本庄テクノセンター


拠点所在地

本庄テクノセンターEMC試験と環境試験の受託サービス

OKI本庄工場内に「本庄テクノセンター」を開設し、既存のEMCセンターおよび北関東試験センターにおける試験対応能力および容量を大幅に拡大、EMC試験については2012年9月3日より、環境試験については10月1日よりサービス提供を開始しました。OKIエンジニアリングは、今後も製品の品質向上を目指す事業者各位の「(試験設備を)持たない経営」を支援する各種試験・サービスを充実していきます。

  • EMC 第2車載暗室
    EMC 第2車載暗室
  • 恒温恒湿室
    大型の恒温恒湿室

「本庄テクノセンター」サービス概要

2012年7月1日から施行された電気用品安全法改正(PSE法)によりLED照明がPSEマークの規制対象となり、電気自動車(EV、PHV)では充電時に商用電源に接続するため車載EMC試験に加え公共電源網に関連する一般EMC試験が必要になるなど、EMC試験規格の多様化により、EMC試験サービスへの需要が高まっています。また、環境試験ではIP試験がご好評をいただいていますが、太陽光パネル、街路灯用LED照明器具など大型試料の高温高湿試験のような信頼性試験サービスへの要求も高まっています。このような試験需要に対応するため、OKIエンジニアリングはOKI本庄工場の建屋内に電波暗室、シールドルーム(L6.0m×L10.0m×H3.0m)、恒温恒湿室(W5.2m×L2.7m×H3.0m)などを構築し「本庄テクノセンター」として開設しました。これにより、EMC試験では電波暗室は従来の2室から3室に、シールドルームは1室から2室となり、これら試験室はいずれも既存設備に比べ大型で、自動車のワイヤハーネスなど大型試料の試験が可能となります。環境試験でも従来より大型の恒温恒湿室を設置し、電動自転車などの温度、湿度試験を実施できます。

本庄テクノセンター

住所
〒367-8686
埼玉県本庄市小島南4-1-1 沖電気工業株式会社内
交通
JR高崎線「本庄駅」下車 車で10分
JR上越新幹線「本庄早稲田駅」下車 車で15分
電話
0495-22-8411
ファックス
0495-22-8410
地図
 
  • 本庄テクノセンターの地図
  • 本庄テクノセンター外観
    本庄テクノセンター 外観

ページの先頭へ