化学分析(RoHS・REACH・環境)

石油製品中の硫黄化合物の定量

石油製品中の硫黄分は、自動車の排出ガスシステムに用いる触媒性能を低下させます。また、二酸化硫黄(SO2)などの硫黄酸化物(SOx)は、石油や石炭など硫黄分が含まれる化石燃料が燃えるときに発生し、ぜん息や酸性雨の原因になるため、規制が強化され低硫黄化が進んでいます。そのため、石油製品中の硫黄化合物を高感度にモニタリングすることが製品品質確保の上で重要になります。
ASTM D5623では、石油製品中の硫黄含有成分の測定に関するガイドラインが規定されています。
OKIエンジニアリングでは、SCD検出器(化学発光硫黄検出器)を用いて、硫黄化合物のみを選択的に高感度分析を行い、ASTM D5623に準拠した測定法で硫黄分・個別の硫黄化合物の定量ができます。

装置の特長・原理

特長
SCD(Sulfer chemiluminescence Detector:化学発光硫黄検出器)は、化学発光反応を利用した検出器で、硫黄分析において高い選択性を有し、FPD検出器より10倍以上高感度な分析が可能です。
原理
装置に導入された硫黄化合物はバーナーで燃焼しSOとなり、オゾンと反応しSO2が生成します。これが基底状態に戻るときの化学発光を検出します。

SCDの原理とガスクロマトグラフ化学発光硫黄検出器

分析事例

石油製品中の硫黄化合物の定量事例をご紹介します。

石油製品中の硫黄化合物の定量事例

石油製品中の硫黄化合物の定量に関するお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:03-5920-2356

Pickup Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ