化学分析(RoHS・REACH・環境)

各種薬品ガス暴露試験

試験槽例
試験槽例

製品の信頼性評価試験の一つとして、各種薬品ガスの環境での樹脂材料製品、塗装の劣化、絶縁不良といった影響を評価する解析です。
各種溶液を使用して、有機溶剤や塩酸などガス濃度で1ppm~5000ppm前後までの濃度に調節し、暴露試験槽に供給し試験することが可能です。
試験後の劣化解析や、物理的な性能などの材料評価も合わせて可能です。

  • 対応ガス種:エタノール、メタノール、アセトン、酢酸エチル、トルエン、キシレン、アンモニア、酢酸、塩酸など。
各種薬品ガス暴露試験に関するお問い合わせ先
WEBからのお問い合わせ:お問い合わせフォームはこちら
電話:03-5920-2356

Pickup Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ