現在位置:Home > Topics一覧 > 展示会・イベント・セミナー > 2018年 > 車載用電子機器・部品の信頼性向上とそのポイント講座


展示会・イベント・セミナー

車載用電子機器・部品の信頼性向上とそのポイント講座ものづくりを支える総合信頼性評価

車載用電子機器・部品の信頼性向上とそのポイント講座開催概要

近年、自動車業界ではハイブリッド車の普及が進み電気・燃料自動車の量産が開始されるなど、パワートレーンの電動化が急速に進みつつあります。それに伴って車載電子システムはさらに複雑化し、革新的技術も出てくると想定されます。その一方で信頼性に対する要求はますます高まっています。車載用電子機器メーカーの技術者にとってはいかに品質・信頼性を作りこみ、管理していくかが大きな課題になっています。OKIエンジニアリングではいち早く車載用電子機器、電子部品の信頼性に着手し、受託評価を行ってきました。この経験を基に、現場の技術者が講師となり、新たに車載用機器に参入する企業や信頼性・品質に携わる技術者の方々へ実践的な評価法を学んでいただけるようなプログラム構成になっております。また、実際の信頼性評価現場の見学も含め理解を深めていただくセミナーです。
自動車・車載の電子デバイス・使用材料の研究・開発・設計・製造に携わる方々のご参加を心よりお待ちしております。

主催
OKIエンジニアリング
日時
終了  2018年6月1日(金)10時~17時
終了  2018年2月9日(金)10時~17時
終了  2017年6月16日(金)10時~17時
終了  2017年2月2日(木)10時~17時
プログラム
参加費
30,000円(配布資料代/昼食代/消費税含む)
定員
12名(定員になり次第、締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。)
会場
OKIエンジニアリング 氷川台本社3階
所在地
東京都練馬区氷川台3-20-16
お申し込み

車載用電子機器・部品の信頼性向上とそのポイント講座開催プログラム

タイムスケジュール 内容
9時30分~10時 受付(本社 氷川台 3F)
10時~10時10分 信頼性の意義について

取締役 今井 康雄

10時10分~12時 ■車載用電子部品
・電子機器・電子部品への要求
・車載用電子機器に用いられる部品
■車載用電子部品の評価
・最適な電子部品選定のためのフロー
・車載用集積回路信頼性規格:AEC-Q100
・車載用電子部品の耐性評価:ESD試験、コンデンサ耐突入電流試験、アバランシェ耐量試験
・パワーデバイス信頼性試験:パワーサイクル試験
12時~13時 昼食(お弁当、お飲み物をご用意いたします)
13時~16時 ■車載用電子機器の信頼性試験
・加速試験による耐用年数の算出
・信頼性試験・環境試験の種類
■車載EMC試験の種類・規格および対策方法
■解析技術を用いた品質評価
・品質評価のための良品解析/LSIプロセス診断(実装基板から電子部品まで)
・放熱効率向上のための熱過渡解析
■電子機器、電子部品の故障解析
16時~17時 ■信頼性評価現場の見学

演題、講演時間等につきましては予告無く変更することがございます。また、終了時間が延長になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ

【お問い合わせ先】

  • システム評価事業部
    • 電話:03-5920-2354 ファックス:03-5920-2306
    • 信頼性技術事業部メールアドレスお問い合わせはこちらから